古い旅館に泊まった話

この前とっても古い旅館に泊まった。
一人で一部屋に泊まっていた私は、夜中中どきどきしていた。
何にどきどきしていたか。

思い出すのはかつての卒業旅行だ。
ちなみに、ロマンチックな話ではない。

大学の卒業旅行で、私は友人たちと古い旅館に泊まった。
確か10人くらいで広い一部屋に泊まったのだった。
大学生なんてまだまだフレッシュで子供なので、別に部屋が古かろうが多少汚かろうが全然気にならず、夜中大騒ぎで、とても楽しい旅行だった。

その帰り道に、友人の一人が少し憂鬱な顔をしてぽつりと言った。
「あの部屋、いたよね。」
一同、「は?」となった。

いたって何が?
決まってるじゃん。

そういう話がこの世のなにより苦手な私は、背筋がひいいいいとなった。
あんたこっちは見えてないんだから、帰るまでだまっててよ!
と、言いたかった。

帰り道までが遠足、家に着くまでが旅行なのだ。
どうしてその旅行の思い出を最後にいらぬ一言で締めくくるのか、と背筋を凍らせながらも腹がたった。

友人にしたって言わずにおれない心境だったろうに、今思えば何とも理不尽な腹の立て方をしたものだ。
と言っても、やっぱり黙っていて欲しかったが。

そんな思い出があったものだから、私は大正時代から続くというその旅館に泊まったときも、何かいるんじゃないか、とびくびくだったのだ。
もし対面したらどうするか。
寝たふりができるだろうか。

色々考えながら、1時間置きに目を覚ましていた。
だから、夜中6回くらい起きたことになる。
立派な不眠である。

結局何者も現れなかったが、考えてみると、かつての卒業旅行でも何も見えなかった私が、今回も見えるわけもない。
いたかいないかは終に分からずじまいだが、要は自分にとって見えるか見えないかが重要なようだ。
見えないなら、いたとしても問題はないわけである。
ちょっと背筋は凍るけれど。

東京大阪間の夜行高速バス運賃表
身近な交通手段でもある高速バスの全国の運賃表など関連情報を毎日発信中
www.489.fm/
関連:www.512cai.com

«
»